HOME > トピックス > ミディの非常食

災害対策!非常食

3.11 東日本大震災より4年の月日が流れました。
あの日、ここ大阪でも大きく揺れ、改めて地震の怖さを感じさせられました。

いつ起きるか分からない災害。
いざ災害がおきると、通常では考えられないストレスがかかります。
そんな非常時だからこそ、暖かい食事の時間が必要です。
でも非常食を実際に食べてみたことはありますか?
非常食ってどんな味? ほんとうにおいしいの?? 量はどのくらい???
気になりますよね。

そんな声を受け、今回は当社の社員に実際に試食をしてもらいました!

STEP1中華丼、作りま~す!

3日分の非常食

レポートするのはこちら!

災害時にも「温かく美味しいいつもの食事を」をコンセプトにした、パンと和食中心のライフライン復旧までの3日間9食分ミディオリジナル非常食セットより、今回は温めて容器を開けるだけですぐに食べられる『中華丼』!

発熱溶液を袋に注ぎ、加熱袋のチャックをしっかり締めたら箱に入れて20分間加熱します。その後さらに10分蒸らしたら、ホットでおいしい中華丼の出来上がり!

非常食の作り方

STEP2中華丼、食べま~す!

美味しいあつあつ非常食

ご飯の量は約1膳分。
味は濃いめで大変美味しくいただきました。

最初に思ったのが、本当にあったかい!
非常用だから温かいといってもどの程度なのかなと疑問でしたが、実際はかなりアツアツで、最後までおいしく食べられました!
具が沢山入っているし、ご飯の量も多いので、満足感がありました。
普段食べているものを非常時にも食べられるというのは、すごくホッとできていいですね(*^^*)

大阪市では平成27年2月1日に大阪市防災・減災条例が施行され、「市民、事業者の責務・役割として食品・飲料水など生活必需物資を備蓄するように努める」とされています。
あなたの会社は大丈夫ですか?
この機会に今一度、社内の防災への備えを見直してみませんか?
ミディの非常食の詳細はこちらから!

問い合せ

★お電話によるお問い合せ・ご相談

0120-356-301

【受付時間】10:00~18:00(木・日 定休)

★メールによるお問合せ・ご相談

お問い合せ 

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報