HOME > トピックス > 若手社員2名が「ロケット打ち上げ研修」に参加しました!

若手社員2名が「ロケット打ち上げ研修」に参加しました!

9月16日(火)より、弊社の若手社員2名が「ロケット打ち上げ研修」(全6回)に参加させていただきました。
「ロケット打ち上げ研修」は大阪府が推進する「社員力はぐくみプロジェクト」の一環で、ロケット打ち上げに必要な、設計・計画・予算管理・試験・打ち上げ・評価をグループ内で分担して自主的に行うことにより、単なる技術習得だけでなく、若手社員のプロジェクト推進力を醸成するプロジェクトです。

ロケット打ち上げ

第1回~第5回までは、東大阪市荒本にてロケットの設計・制作等を行いました。
そして11月23日(日)和歌山県和歌山市加太にて、研修の集大成となる打ち上げ実験が行われました。

ロケット打ち上げ ロケット打ち上げ
ロケット打ち上げ

【14:00/Aグループ】
ロケットを打ち上げましたが、燃料の充てんが上手くできなかったようで不発でした。

【14:30/Aグループ】
2回目の打ち上げにトライ。
打ち上げに成功し、ロケットから衛星が放出されました!

【15:00/Bグループ】
打ち上げに成功し、ロケットから衛星が放出されました!

それでは、研修に参加した2名にインタビューです!!

あべのハルカス事業所 設備メンテナンススタッフ
森 貴大さん(Aグループ参加)


大阪府社員力はぐくみプロジェクト

研修初日の1週間前にマネージャーより今回のプロジェクトについて聞かされ、その時は「なぜ僕がロケットを?」と不思議に思いながら参加しました。
研修が進むにつれグループメンバーや研修にも慣れ楽しくなってきたのですが、正直…打ち上げる寸前までちゃんと打ちあがるか不安でたまらなかったのが本音です。
1回目の打ち上げに失敗したときは何が起こったのかよくわかりませんでした。
ですが、失敗の原因は燃料の充てんが上手くいかなかったことにあり、ロケット自体には問題ないと聞かされたので2回目の打ち上げ時は成功することを確信していました。

大阪府社員力はぐくみプロジェクト ロケットが打ちあがった時は今までのことを思い出し、Aグループみんなで感動を共有しました。
今回の研修で、物づくりの奥深さとグループで何かを作り上げる難しさ、そしてそれ以上にグループでしか味わうことのできない達成感を感じることができました。
今後は、今回の貴重な体験を活かして、業務に邁進していきたいと思います。

あべのハルカス事業所 警備員
南 拓哉さん(Bグループ参加)


大阪府社員力はぐくみプロジェクト

研修初日と2日目は座学が中心で、内容がロケットにあまり関係ない内容だったのでここからどうやってロケット制作につながっていくのか見えず戸惑いもありました。
ですが研修3日目からロケット制作に入ると、部品に穴をあけるなどの作業がとても楽しく10時~18時の研修時間が一瞬に感じられるくらい夢中になって取り組みました。
自分のチームのロケットを打ち上げる時は、発射ボタンを押すかなり近い場所から鑑賞することができました。想像していた以上の大きな音と光は一生忘れないと思います。

大阪府社員力はぐくみプロジェクト 今回の研修では、製造業やウェブ関係など様々な業種の方と交流することができ、とてもいい刺激になりました。
そして同時にグループで意見を出して物事を決める難しさを学びました。
多数派・少数派にかかわらず、お互い悔いが残らないように話し合い、ロケット制作を進めていきたいと考えていたので、おそらくグループメンバーにもその気持ちが伝わったと思います。
打ち上げには成功したものの、ロケットに搭載した3個の衛星のうち2個しか放出できなかったのは心残りですが…とても貴重な経験をすることができました。
研修で学んだことを仕事に活かしていきたいです!

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報