HOME > ご提案 > 不正駐車防止装置「見張り板」
不正駐車防止装置「見張り板」

商業施設や病院、官公庁の駐輪場に設置されている身障者用の駐車スペースは、以前から健常者や部外者が駐車し本来の目的である身障者の方がスムーズにご利用できないことがあります。
近年多くの自治体においては、パーキングパーミット(身障者駐車場利用証)制度を導入し、身障者スペースの健全な利用を推奨されています。
本不正駐車防止装置「見張り板」は、そういった無断駐車や不正駐車の防止を目的に開発されました。
駐車場の運用に応じたシステムを構築することで、小規模駐車場からパーキングパーミット制度への活用を含めた大規模駐車場まで、さまざまな駐車場に活用することができます。

※ただいま、改良型の開発中です。

身障者スペースや来客用スペース等が正しく運用されていますか?

身障者スペースや来客用スペースの運用 身障者スペースや来客用スペースの運用 見張り板で問題解決!

見張り板導入の6つのメリットと設置施設

不正駐車防止
  1. 駐車場の不正駐車が改善されます。
  2. 身障者の方や、その他特定利用者の利便性が向上されます。
  3. 専属の係員を配置している場合は、人件費の削減が図れます。
  4. 商業施設等の場合は、顧客確保のためのツールとしても効果が見込まれます。
不正駐車防止
  1. 身障者スペースの確保は、"ひとにやさしい"駐車場として 福祉の観点からも社会貢献度が向上します。
  2. 商業施設、病院、ホテル、官公庁、銀行、マンションなどさまざまな駐車場にご利用いただけます。

目的にあったシステムを選んで便利な運用

システム例

①無線通信タイプ②集中管理タイプ(2パターン)③コインパーキングタイプ
無線通信 集中管理 コインパーキング
専用リモコンにて簡単に出入りができます。 施設受付にて、証明書等(身障者手帳等)を提示していただいたうえで、保証金を預かり、専用リモコンを貸し出します。 受付で駐車スペース利用の連絡を受けた場合次の方法にて対応。 (1)遠隔操作にてロックプレートを 下げる。
(2)係員が駐車スペースに出向き、管理ポストで操作しロックプ レートを下げます。
出庫時にプレートを下げます。 管理センターや施設受付で、証明書等(身障者手帳等)を提示していただきますと、専用コインをお渡ししますので、出庫の際専用コインを投入してプレートを下げていただきます。

見張り板基本仕様

見張り板基本仕様
①ロックプレート素材
ゴム素材でできているので車両に擦れても傷がつきにくく老朽時の取り換えも容易です。
②本体
コンパクトでプレート下降時は厚さ50㎜を実現しました。約2トンの荷重まで大丈夫です。
③表示サイン
使用用途によってデザイン、貼り替えが容易です。
④その他
車両検知センサー、不正防止警告音機能付き。
【基本仕様】
・ロックプレート寸法:幅400㎜、奥行き400㎜、高さ50㎜(下降時)、400㎜(上昇時)
・ロックプレート素材:プレート部 ゴム
・本体重量:約10㎏
・固定方法:アンカー止め
・配管配線:露出配管または埋設土木配管
・動作電源:AC100V
・不正防止警告音機能付き
【取り付け工事関係】
・屋内、屋外どちらでも設置可能
・置き式アンカー止めですので大掛かりな工事は必要ありません。
・故障時の取り替えも容易です。

※本パンフレットに記載の仕様およびデザインは予期なく変更する場合があります。

導入事例

弊社が指定管理者として運営管理する、枚方市の岡東町自動車駐車場にて活用しています。 【運用方法】 運用を希望されるお客様からのインターホン通知により、管理人がリモン操作でロックプレートを倒します。
また、駐車前には身障者手帳等のご提示をお願いしています。

問い合せ

★お電話によるお問い合せ・ご相談

0120-356-301

【受付時間】10:00~18:00(木・日 定休)

★メールによるお問合せ・ご相談

お問い合せ 

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報