HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成29年11月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

10月は秋雨前線の活動で雨天続き。台風も21号、22号と立て続けに週末に襲来して秋雨前線を刺激し、大雨となりました。
花苗の実生の生育は大きく後れ、枯れるものも多く、ポット上げもできませんでした。
11月は季節の変わり目、日が暮れるのも早くなり、冬ももうすぐです。
花壇の花の植え付け、除草、植木や灌木の徒長枝剪定等の作業を行います。
花苗は水切れに弱く、花壇やプランターの潅水作業も大切です。

先月の主な作業

10月になっても花を咲かせていたPビルのヒマワリですが、超大型で強い勢力の台風21号が接近した為、残念に思いつつも強風によって倒される前に撤去しました。
また、近鉄ホワイトパーククスノキ帯のサツキが全体的に丈が高くなって来ていたので、強剪定を行い丈を低くしました。

  • 【作業前】
  •  
  • 【作業後】
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

今月の樹木・花 ナンキンハゼ

ナンキンハゼは中国原産のトウダイグサ科ナンキンハゼ属落葉高木であり、乾燥に強く、剪定にもよく耐え、紅葉が 美しいことなどから公園や街路樹などによく植栽されている。
紅葉は赤色に紫と黄色が 加わったような、あざやかな色である。
6~7月頃に枝先に長い穂状の花序が形成される。
雌花は根元付近に少数付き、残りは雄花である。
秋に果皮が割れると中から白い粉 に包まれた種子が出てくる。
この白い粉はロウであり、冬でも枝先に付いていることが 多い。

ナンキンハゼ ナンキンハゼ ナンキンハゼ ナンキンハゼ

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報