HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成29年8月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

梅雨明けからは潅水作業がメインとなります。
潅水装置が整備されているところが少ないので、なかなか思うように潅水することは難しいです。
植木や草花の萎れにせかされる作業となります。
潅水に余裕ができれば、熱中症や夏バテに気負付けながら高木の徒長枝の剪定や茂った夏雑草の除草も行います。

先月の主な作業

㈱竹中庭園緑化による年1回の害虫退治用の薬剤(殺虫剤)散布を管理植栽地全域に実施しました。
アンド南東入口の手摺りにシマトネリコの枝が掛かっていたので剪定を行いました。
暑い時期は枝の伸びが早いので、管内の高木剪定も始めました。

  • 【作業中】
  •  
  • 【作業中】
  • あべのの草花
  •  
  • あべのの草花
  • 【作業前】
  •  
  • 【作業後】
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

今月の樹木・花 サルスベリ

サルスベリはミソハギ科・サルスベリ属に分類される落葉性の高木です。
樹高2~10mほどに生長し、つやのある濃い緑色の葉っぱを互い違いに生やします。
樹皮が白く、なめらかな手触りをしていることが特徴です。
花びらの縮れた小さな花がまとまって穂のように咲き夏から秋にかけて花を咲かせます。
花色は白、ピンク、紅、紅紫などがあります。
樹皮は褐色で所々はがれて白い肌があらわれ、縞模様になります。
樹皮のはがれた部分はつるつるしているところから、「猿も滑って落ちる→猿滑り」というのが、名前の由来とされています。
「百日紅(ヒャクジツコウ)」という漢字を当てますが、これは開花期間が長いところにちなみます。

サルスベリ サルスベリ

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報