HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成27年10月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

10月に入り、静かに秋が深まってきました。
朝夕が少し寒く感じるようになりました。
季節はすごしやすくなっているのにこの時期は何故か少しだるく感じます。
9月に蒔いた花苗(ルピナス、デモルホセカ。ゴデチャ、リビングストンデージーワスレナグサ、ムラサキハナナ)の管理、高木の透かし剪定、潅木の徒長枝の刈込み、夏雑草の除草、潅水と今月も盛り沢山の作業が有ります。

先月の主な作業

9月に入り雨模様の日が続き、残暑らしい残暑も感じられず涼しい日々が続き、潅水作業も殆ど行う事はありませんでした。
9月は夏場に元気に枝を伸ばしたシマトネリコ等の高木やアベリア等の低木の剪定に取り掛かりました。

  • 【作業前】
  •  
  • 【作業後】
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花

今月の花・樹木 ワレモコウ

冬は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。
夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。
花は渋い赤色、花びらに見える部分は萼(がく)で花びらは退化しています。
小花を穂状に付ける植物の場合、下から先端へ向かって咲き進むものが多いですが、ワレモコウの場合先端から下に向かって咲き進んでいき、このような咲き方を「有限花序(ゆうげんかじょ)」といいます。草丈は70cm-1m、葉はだ円形でフチにはギザギザがあります。(ウイング館2階 カーロータリー南の植栽地)

ワレモコウ ワレモコウ

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報