HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成27年7月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

今年の梅雨前線は本州から少し南に停滞し、南九州で大雨になっています。
夜と昼との温度差が大きく、体調の管理が難しいです。
ホワイトパーク ナンキンハゼ帯のヒマワリも6月末には花が咲き、驚きました。
梅雨の晴れ間を見て、ヒラドツツジ、サツキ類の刈込み作業、繁茂している夏雑草の除草を熱中症に気を付けながら行います。
梅雨が明けると夏も本番!潅水作業が待っています。

先月の主な作業

春先よりグングンと枝を伸ばし花を咲かせたヒラドツツジ等の潅木類の刈込剪定を主に行いました。
新宿ビル取り合いのヒラドツツジは、この場所に植樹してから初めての剪定で、切りくずの量は普段の刈込みの倍以上でした。
また、南別館の芝生も暖かくなって来て伸びも良くなってきたので、今年初めての刈込みを行いました。

  • 【作業前】
  •  
  • 【作業後】
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花

今月の花 ヒルザキツキミソウ

【アカバナ科】ヒルザキツキミソウは北米原産の帰化植物で、月見草が宵に咲くのに対し、昼間でも開花している多年生植物です。
白または薄ピンク色の4弁花で、8本のオシベと特徴的な十字型のメシベをもちます。
Pビルナンキンハゼ帯、パーキングビル出入口の植栽地に咲いてます。

ヒルザキツキミソウ ヒルザキツキミソウ ヒルザキツキミソウ

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報