HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成26年8月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

梅雨が明け、本格的な夏を迎えます。
連日、猛暑日や熱帯夜が続くので、熱中症に十分注意しながら作業を行っています。
潅水作業が中心ですが、茂りすぎた夏雑草の除去や樹木の徒長枝の剪定も行います。
9月からの秋の種蒔きの準備も予定しています。

先月の主な作業

梅雨時期から初夏にかけて害虫や菌が発生する季節なので、植栽地全域で(株)竹中庭園緑化による薬剤(殺虫剤)散布と、アンド4階ダイカンドラに薬剤(殺菌剤)散布を行いました。
6月より高木・低潅木剪定を進めてきましたが、7月末までにほぼ管理植栽地全域の高木・低潅木の剪定を終わらせました。

あべのの草花 あべのの草花
  • 【作業前】
  •  
  • 【作業後】
  • あべのの草花
  • あべのの草花
  • あべのの草花

今月の花 ヒマワリ

原産地は北アメリカ。
高さ3mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせる。
キク科の一年草で日回りと表記されることもあり、品種改良も進んで、巨大輪のものから中小輪まで様々な品種が生まれている。
日輪草(ニチリンソウ)、日車草(ヒグルマソウ)などの別名もある。
花弁は大きな1つの花のように見えるが、実際は頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を形成している。
これは、キク科の植物に見られる特徴です。
外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。

ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報