HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成25年9月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

8月の大阪の気温は立秋の7日から23日まで17日間、猛暑日(最高気温35度以上)が続き、これまでの最高記録を作った。
この時期は朝から夕方まで太陽を背に、散水作業にあけくれた。
乾きが酷く、水がなかなか地面に浸透せず、すぐに地表面をつたわって流れ出すところも多く、潅水の難しさと限界を感じた。
サツキやヒラドツツジも萎れるより葉の焼けが入り見苦しい状態になった。
特に盆明けから雨が降った24日にかけて急にひどく焼けが入った。
9月は見苦しい焼け葉の切り戻し、夏草の除草、春の草花の種蒔き、樹木の透かし剪定等作業は目白押し。
しばらくはバタバタしなければならないが一人作業が多くなかなか進まない。

先月の主な作業
先月の主な作業 先月の主な作業 先月の主な作業 先月の主な作業

今年の夏は異常気象で、8月の大阪市はお盆を挟んで17日間連続猛暑日を記録するなど暑い日が続いた。
月初めからほぼ毎日潅水作業に追われた。
また、アンド4階ガーデンテラスのダイカンドラの白絹病にも気を配り、殺菌剤散布も行った。
その成果か今年の白絹病の発生は例年に比べて少なかったように思えた。
また、潅水作業に追われる合間を見て、Pビル1階出入口のゴールドクレストの剪定を行った。

先月の主な作業

9月の樹 シャシャンボ

シャシャンボは関東南部以西の本州・四国・九州・琉球などに分布する常緑の低木。
大阪周辺の二次林に普通に見られる、ツツジ科スノキ属の木です。
葉は厚く、沿岸域の痩せ山など乾燥したにも耐えて生育しているが松枯れ後広葉樹によって植生が回復した所では被陰されて枯死し減少している。
5月頃、数cmから10cmぐらいの総状花序に白色の細長いつぼ型の花を咲かせ、秋には球形の果実が黒く熟します。 シャシャンボ

シャシャンボの果実を野山で見たことがなくても、果物のブルーベリーの実は知っている人は多いだろう。
ブルーベリーはシャシャンボの仲間で北アメリカの野生種からの選抜や改良したものです。
シャシャンボの実はブルーベリーほど大きくないが、よく熟したものは結構おいしい。
もっとも食べ物の豊富な現代の子は野山に入って食べる事は無いし、まず、シャシャンボがブルーベリーの仲間で食べられることを知らないと思う。
シャシャンボは小々ん坊である。末尾の(ボ)は坊主や坊ちゃんをイメージさせる。シャシャンボはササンボ(小小ん坊)の由来し小さな果実を意味する。
岡山県の沿岸部ではサカキのことをシャシャキと呼ぶ。
シャシャンボをサカキの代わりに使うことがあり、シャシャキの小坊主から名づけられた説もある。
古名はサシブで古典に烏草樹と言われるものがシャシャンボと考えられている。 ブルーベリー

造園業界ではワクラ、ワクラバと言う。
ワクラバとは病葉の事で、新葉が紅くでるのでそう呼ばれ、庭木に使われることも多い。
野山に行くとかなりよく見る木ですが慣れないうちは、葉や樹肌の似た他の常緑樹(サカキ、アセビ、ツバキ、ヒサカキ等)との区別が難しい。
初心者泣かせの木だが環境の違いで木の形や葉が異形でも確実に同定できる、鑑定法があります。
それは指先で葉の裏側の中肋をそっと撫でてみる事です。
シャシャンボの中肋には蜜腺は変化した小さな突起が点々とあり、指先が少し引っかかる感じがしたらシャシャンボに間違いない。

  • メドーセージメドーセージ
    アンド東側
    撮影:H25.09.04
  • リコリスリコリス
    WPナンキンハゼ帯
    撮影:H25.09.04

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報