HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成24年4月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

沈丁花の甘い香りが充満し、ユキヤナギやレンギョウの花が咲き誇り、桜咲く季節を迎えました。
ムラサキハナナも咲きそろい、貧弱だったプリムラマラコイデスも小さいながら花をしっかりと付けました。ポピーも蕾が上がってきました。ルピナスは昨秋苗を大きく作れず、この春開花するかどうか微妙です。
3月から新しい組織になり、人数も増えました。人が増えると逆に丁寧な管理がしづらいこともあります。今月は新芽が伸びるので潅水は注意が必要です。花壇の夏用の草花の選定もおこないます。

4月の花 ユキヤナギ

早春の花はトサミズキ、ヒュウガミズキ、キブシ、サンシュと黄色い花が多く多くみられますが、白い花のユキヤナギもはずせません。法面などに植えられた、真っ白なユキヤナギが春の強風に揺れるさまは大迫力で春の息吹を感じさせてくれます。
冬と春をつなぐユキヤナギはその名の通り、白い小花が雪に、葉や枝のしなやかさが柳に似ているところから名づけられました。別名は白い小花をお米に見立てて小米花(コゴメバナ)、他に桜と同じ時期に咲く小さな花でコゴメザクラ(小米桜)とも呼ばれます。
1月頃からポツポツと花を咲かせ、3月下旬には一気に細い枝が芽吹き、白い花が群れ咲き、序を作ると圧倒的なボリュームで春を表現します。ターミナルビル2階の3か所で春を謳歌しています。
また、南別館の西側には蕾が紅色で開花すると白色になる品種フジノピンキーが見られます。

  • ユキヤナギ2階WC前の
    ユキヤナギ
    撮影:H24.03.30
  • フジノピンキー南別館の
    フジノピンキー
    撮影:H24.03.22
  • ムラサキハナナPビルの
    ムラサキハナナ
    撮影:H24.04.02
  • ルピナスPビルのルピナス
    撮影:H24.04.02
  • プリムラアンド東側のプリムラ
    撮影:H24.04.02
先月の主な作業のコーナー
先月の主な作業

3階シースルーEV前の調子の悪いヒラドツツジを移植して草花用の花壇を新設し、手始めにパンジーとワイルドストロベリーを植えました。
今月はTビル2階南北のサザンカを花の終わった順に剪定を行いました。
昨年管理植栽地全域に設置した樹名札を、今回は内容をリニューアルして交換及び新設しました。

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報