HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成24年3月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

今年は厳冬で寒い日が続きました。
3月の声を聞いても沈丁花の甘い香りはまだのようですが、春の兆しは感じられます。
雪柳の花もまだですが、薄緑に新芽が膨らみ春の訪れを心待ちにしているみたいです。春のサプライズとして花壇の増設を行い、種から草花を育ててきました。
ポピーやムラサキハナナの株が大きくなり花が咲くのが待ちどおしく、ワイルドストロベリーのポットに実が連なるのを思うだけでわくわくします。
カンツバキの花が終わりかけ、春が進むとともに作業も増えていきます。

3月の花 トサミズキ

春先の寒い頃に咲かせる花は、春を待ち望む心と共に厳しい冬の季節を超えてようやく暖かい春が来る喜びを感じさせてくれる。
特に黄色の花は他の色の花より一段とぬくもりを感じさせてくれる。
トサミズキ、ヒュウガミズキ、ダンコウバイ、キブシ、サンシュユ、マンサク、ロウバイ等たくさんの樹の花が春の応援歌のように競って、しかし派手ではなくひっそりと咲く感じである。
トサミズキはマンサク科トサミズキ属の木で四国の土佐、高知県の蛇紋岩地帯に自生している。
花はへら状の5枚の花弁で小さな鐘を作り、7~8個連ねて垂れ下がる姿はかわいく、アメリカではゴールデンベル(goldenbell)金色の鐘と呼ばれている。

  • トサミズキ久宝寺緑地のトサミズキ
  • トサミズキ久宝寺緑地のトサミズキ
  • トサミズキ久宝寺緑地のトサミズキ

トサミズキ

トサミズキの名前の由来は「土佐+水木」でトサ(土佐)は自生地の名前であり、ミズキはマンサクと同じく黄色い花をつけるので豊年満作を意味する「ミタスキ(満木)」が訛り「ミズキ」に。
また、葉の様子が葉脈も平行に走り、ミズキの仲間に似ているのでミズキに変化したと考えられる。
ミズキ科のミズキは樹液が多く、春先に枝を切ると水が滴り落ちるが、トサミズキは枝を切っても滴り落ちることはない。

ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキは花穂・葉ともトサミズキより小さく枝も細やかに分枝し、細小で姫ミズキとも言われる。
3~4月ごろトサミズキに続いて、葉に先駆けて浅黄色の少し小さな1~3個の花をつける。
黄色の花も、より淡く、枝の節々につける花は黄金の箒(ほうき)のようで美しく輝く。
自生地は石川、福井、京都、兵庫県の日本海側の岩地に分布している。

  • トサミズキPビルのムラサキハナナ
    撮影:H24.03.07
  • トサミズキ&東側のポピー
    撮影:H24.03.07
  • トサミズキ&4Fのストロベリーポット
    撮影:H24.03.07
先月の主な作業のコーナー
先月の主な作業

2月3日は初午につき、前日の2日に屋上お稲荷さん境内のカイズカイブキの落葉清掃及び枯葉撤去を行いました。
また、アンド1F外周北プランターのゴールドクレストの枯れ葉撤去及び透かし剪定を行い、射光や風通しを良くしました。

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報