HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成22年12月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

11月は残暑が残り、秋を感じることなく過ぎてしまったような気がします。体が季節の早い移ろいについていけない。アンド4Fのイルミネーション作業に伴い再度、高木と潅木の軽い剪定を行いました。末には業者による高木剪定も予定通り終了ました。12月は引き続き南駐車場や南別館の高木剪定作業を行う予定です。今年も最後の月を迎え、1年を振り返り、反省と新年度への計画を考えています。

ハイビスカス
阿倍野のハイビスカス
【撮影日:平成22年11月3日】
新宿ごちそうビルとの取り合いの西側、地下駅の換気口の吹き出し口の傍に3年前に6株植えました。しかし、強い風の影響で4株は枯れてしまい、夏場に花は咲くことありませんでした。換気が終わるこの時期になってやっと咲いてくれました。
ハナショウガ
阿倍野のハナショウガ
【撮影日:平成22年11月10日】
クーポラの広場に植えたハナショウガです。亜熱帯の植物ですが、今もたくさん咲いています。冬場も青々として地上部が枯れない。地球温暖化を身近に感じます。
ナンキンハゼ
阿倍野のナンキンハゼ
【撮影日:平成22年11月22日】
ホワイトパークB1のナンキンハゼです。昨年は剪定作業が12月10日に行われたので美しい紅葉が見られましたが、今年は後2日で切られてしまいます。オレンジや黄色のグラデーションは都会の中で季節の彩を味わえる少ない機会であるが、落ち葉の掃除のこともあるので複雑な気持ちです。
リュウノウギク
阿倍野のリュウノウギク
【撮影日:平成22年11月22日】
新宿ごちそうビルとの取り合いに、7種類ぐらい秋の彩りに野菊を植えました。そのなかで最もキクらしい野菊です。葉をもむと竜脳(ボルネオ樟脳)に似た香りがするので龍脳菊と名づけられました。丈夫で葉も綺麗な野菊の代表です。
ナカガワギク
阿倍野のナカガワギク
【撮影日:平成22年11月22日】
このキクは徳島県那賀川の渓流帯のみ生育する野菊です。特徴は大雨が降ると浸かる場所に生育するので、葉が流線型で増水した水の抵抗が小さくなるよう進化したものです。野菊もたくさん種類があって面白いですね。

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報