HOME > MiDI通信 > あべの花さんぽ道 > あべの花さんぽ道 平成22年8月号

阿倍野に咲く花をご紹介します

まだまだ暑い季節ですね。お盆を過ぎると朝夕、少し涼しく感じられるといいのですが・・・。植物の世界ではお盆を過ぎると秋に入ります。秋は釣瓶落としで日が短くなり、あっという間に冬を迎えることになります。秋の作業は早いうちにする必要があります。春から夏に繁った高木に透かし剪定を行います。

アガパンサス
阿倍野のアガパンサス
【撮影日:平成22年6月30日】
当初から植えられていたアガパンサスですが、昨年はひとつも咲かず、がっかりしていましたが、今年はこんなにたくさん咲いてくれました。普通は薄紫の花ですが、白い花がたくさん混じって思いがけなく得した気持ちになりました。アンド4Fで見ることができます。
トレニヤ
阿倍野のトレニヤ<
【撮影日:平成22年7月12日】
トレニヤ(夏スミレ)をHoopの花壇に初めて植えてみました。水切れに弱く、繊細な感じもしますが、大きく育って欲しいものです。薄紫や薄桃色の花が涼しげです。
インパチェンス
阿倍野のインパチェンス
【撮影日:平成22年6月27日】
クーポラの広場(新宿ごちそうビル東側)の丸いプランターに植えました。距のある花は色鮮やかに開花しましたが、この暑さでバテ気味です。7月末に切り戻しを行いました。
ポーチュラカ
阿倍野のポーチュラカ
【撮影日:平成22年7月21日】
アンド東側にある3つのプランターのサルビヤ周りと2Fカーロータリー南側のプランターに植えました。葉も茎も多肉植物で乾燥に非常に強く、まさに夏の花です。挿し木ですぐ増えるので、他の草花の調子が悪くなった時の保険を兼ねて植えています。
ミニヒマワリ
阿倍野のミニヒマワリ
【撮影日:平成22年7月19日】
今年も近鉄パーキングビルにあるナンキンハゼ地帯にヒマワリの種をまきました。大阪府の大泉緑地で配布していた種が手に入りましたので、たくさんまいてみました。たくさんのミニヒマワリの花が咲きましたが、ヒマワリはミニより普通の方が良いかなと思いました。

業務内容

ご提案

取扱商材

管理物件

採用情報

企業情報